身長と体重の比率を計算

3-04

体内に含まれる脂肪の比率を計測した数値のことが体脂肪率です。「ボディマス指数」とBMIとは呼ばれるもので、頭文字を英語で表記した際の並べたものです。

肥満であるか如何かの判定が身長と体重の比率を計算することによって出来ます。キログラム単位と体重ななりますが、身長はメートル単位に換算して算出します。

国によってこの基準はばらつきがあり、25を超えた時点で日本では肥満と判定されますが、アメリカの肥満基準は30です。「22」というBMIの計算式で算出された数値には基準値があり、22でBMIがあれば標準体重で、肥満であると25を超えると判定されます。

体脂肪率の適性値は以下の通りです。算出が身長と体重だけで可能なBMIと比べると計測の難易度が沖雲ため、ようやく最近になって一般的に用いられるようになった指標です。

計算式については簡単で、「BMI=体重歎(身長×身長)」です。■男性は30歳未満が14~20%、30歳以上が17~23%■女性は30歳未満が17~24%、30歳以上が20~27%男性は25%、女性は30%という数値を超えると、肥満と判定され、この数値に収まっていれば適性値となります。

体脂肪率が高すぎると肥満という判定になりますが、健康に体脂肪率が低すぎても弊害があるため、適性値であることが体脂肪率は理想的です。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る