カロリーを気にしてあれもこれもカットは駄目

3-06

ダイエットをするときには、多かれ少なかれ、食事制限をする人は一杯のではないでしょうか?食事制限をするときに積極的にリストラされるのが糖質、脂質、タンパク質といった「三大栄養素」です。脂質にはさまざまな種類がありますよね。

1グラムあたりのカロリーは糖質が4キロカロリー、脂質が9キロカロリー、タンパク質が4キロカロリーとなっています。糖質は「炭水化物」と言われるものです。

脂質も体のエネルギーとして使えるものですが、他にもさまざまな役割をもっています。たとえばDHA、EPAといった栄養素を聞いたことはありませんか?これは青魚に豊富に含まれる栄養素で、脂質の一種です。

糖質制限ダイエットや炭水化物ダイエットと言われるものもありますが、長期間糖質を控えることによって死亡率が上がることが分かっています。きれいな肌や髪を維持するのにも、脂質は大切な栄養分となっています。

それぞれの栄養素にはきちんと役割があるのです。一時的なダイエットなら良好のですが、長期間続けるのはやめましょう。

(正確には、糖質と食物繊維を合わせたものが炭水化物になります)糖質は体にとって主なエネルギーで、脳は糖質をエネルギーとしています。「魚を食べると頭が良くなる」とも言われますが、脳の働きを良くするということも分かっています。

体の代謝に関わるホルモンの生成に使われていたり、コレステロール値を下げたりする脂質もあります。でもカロリーを気にしてあれもこれもカットしてはいけません。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る